ビクトリアの中



ビクトリアの中を開けてみました。
この音色のひみつを覗いたぞ。




ペンチにクロスを当てて、ボディに傷がはいらないよう、慎重にピンを抜く。



私のエキセルシャーはボロボロの古い楽器で
(1960年代もの!)
すぐ調子悪くなるから、
よく開けてもらっていろいろ見てたけど、
さすがにビクトリアは初めて。
借り物ですし、調子はバッチシだし。

開けてみると、中は凄く綺麗

 
左手ベースボタン側
リードは5列


これは1番低いバスの列

じっくりと観察。
(`・д´・ ;)ゴクリ

リードを全部外してレジスターの仕組みを再確認。
 
そのまた奥のベースボタンのシステムは、覗くのやめといた。
もうこれ以上このビクトリアをバラすのは心がもたなかった
 
 
 


右手側へ。
 
これがチャンバー
リードがチャンバーに垂直に立ってる。
こうやってボディの中に、チャンバーが入るスペースをなんとか確保している。
この木の箱のおかげで、あの教会で弾いているような柔らかい音色が出るんだね。
チャンバー付きの楽器が、やたら重くなったり、お値段跳ね上がる理由がわかる。
これ作るのめちゃ大変そうだもの(´Д` )
アコーディオンの中に小さなコンサートホールが在るイメージ。
 
※人差し指の右横あたり、
2つのリードの皮の弁が少し浮きぎみだけど、
このくらいは問題ないらしい。


しっかり元通りに組み立てて、
元通りの音が出てホッとした


中を見れば見るほど
仕組みを知れば知るほど
その美しさにため息が出るアコーディオン。

殆どのパーツが手作業によるもの。
職人魂の集結、芸術品だね。

いつかは「アコーディオンの調律」という、
これまたハードな深淵も覗いてみたい。
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

Yocci

Author:Yocci
田中由恵(たなかよしえ)
あだ名はヨッチ。
ソロやバンドで演奏活動しながら、福岡天神や志免町でアコーディン講師をしています。
猫の白&黒と犬の花子と暮らしています(^ω^ )
ホームページです☆↓
http://yocciaccordion.web.fc2.com/

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle

アコーディオン*カフェ
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる